横浜で二人だけの貸切クルーズ「マリアージュ号」

横浜で二人だけの貸切クルーズ「マリアージュ号」|横浜でのデート、プロポーズ、バースデーサプライズにおすすめ

お役立ちコンテンツ

なぜプロポーズは男性からするのか?なぜプロポーズは男性からするのか?決まりではありませんが、「男性からプロポーズをされた」もしくは「男性からプロポーズをされたい」という女性がほとんどだと思います。これは何故なのでしょうか?
男性女性共に結婚をするということはたくさんの幸せを手にすることでもあり、失っていくものもある決意の必要な人生のイベントです。これからの長い人生を共にすることや経済的なことを考えても男性側の強い決意や将来的ビジョンが必要になってきます。その決意がプロポーズという形で表れることによって、女性もプロポーズをしてくれた男性に対して結婚をするという決断ができるので男性からプロポーズをするのです。

男性が彼女にプロポーズを考えるとき

●お付き合いをして1年や2年などの節目の記念日を迎えたとき
●仕事が成功していて、彼女の支えを実感しているとき
●将来に不安を感じたとき
●まわりが結婚し始めて、独身友達がいなくなったとき
●子供ができたとわかったとき
●遠くに転勤が決まって、彼女と離れることがわかったとき
このようなタイミングで身を固めようと決心をするそうです。では、逆にお付き合いをしている彼女がいるのにプロポーズを躊躇してしまうのは何故でしょう。

なぜプロポーズを躊躇するのか?

●お金がないから
●断られるのが怖いから
●独身時代にはあった自由な時間がなくなり、家族に縛られるから
女性から見たら笑ってしまうような理由もあるのではないでしょうか?でも男性は何も考えていないわけではなくて、プロポーズを考えてデメリットが先立ってしまったから躊躇をしているようですね。ではプロポーズをされたい女性はどうすればいいのか!?
それは、デメリットを上回る程、結婚を意識させる女性を目指すことです。

結婚を意識させる女性

●ずっと一緒にいたいと思っていることを伝える女性
これが1番大事かもしれないですね。女性がずっと一緒にいたいという気持ちで、お付き合いをしているということ。この気持を持って日々接していれば、男性がいつかプロポーズを意識し始めるでしょう。

●男性に頼りすぎない女性
先ほどのプロポーズを躊躇する理由にもあったお金がないということにもつながるのですが、結婚に経済的負担が大きいと思っている男性は多く、働いている自立した女性と結婚して共働きでいてくれると安心というのがあるようです。
ただ経済面、家事をやりすぎてしまうと彼のお母さんになってしまい、女性として見てもらえなくなる可能性があるので可愛い彼女でいることも忘れないようにしてください。

●将来の話をさりげなくする女性
子供が何人欲しいかとか、食事のことなど(例えばいつも外食の人なら「このまま一緒にいたらお弁当作るから栄養がたくさんだよ」など)会話の中に織り交ぜてみると、男性も将来のビジョンがしやすいです。ただし会話の中に「結婚」という単語は使用しないでください。1回でも「結婚」が入るだけで、男性の頭の中には露骨に聞こえてしまいます。

●上手に甘える女性
上手に甘える女性 結局男性は俺がいないとダメなんだなぁって思わせる女性には弱いものです。たまには可愛く甘えてみたり弱音をポロっと吐いてみたり、あなたが応援してくれているから頑張る!と言ってみてください。決してまんざらでもない満足顔でいることでしょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。