プロポーズにお役立ち プロポーズフラワーと花言葉|横浜で二人だけの貸切クルージング「マリアージュ号」

横浜で二人だけの貸切クルージング「マリアージュ号」|横浜でのデート、プロポーズ、バースデーサプライズにおすすめ

お問い合わせ サイトマップ

クルージングプラン オプション ご案内 PR

045- 317- 5357 [受付]11:00~18:00

Instagram

プロポーズフラワーと花言葉

プロポーズフラワーと花言葉今回は日本の名作テレビドラマから印象に残るプロポーズシーンを集めてみました。シンプルなものからとても手の込んだものまで人間の数だけ様々なプロポーズがあります。ぜひこれらを参考に、一生に一度のプロポーズを素敵に演出して下さいね。

アイリス
「あなたを大切にします」「恋のメッセージ」

アイリス 「あなたを大切にします」「恋のメッセージ」 まさにプロポーズに使いたい花言葉。アイリスは他にも「私は燃えている」「吉報」など、結婚に対しての強い想いを伝える花言葉を持っています。アイリスはギリシャ語の虹が語源となっています。ギリシャ神話の虹の女神イリスの神話から花言葉が生まれました。

ハナミズキ
「私の想いを受け止めて」

ハナミズキ 「私の想いを受け止めて」 ハナミズキは初夏に咲く薄いピンクや白い色をした花で、秋には赤い実をつけます。花に疎い方は、一青窈さんの「ハナミズキ」の歌から知った方も多いのではないでしょうか。とても可憐でかわいらしい花です。

スターチス
「永遠に変わらない誓い」

スターチス 「永遠に変わらない誓い」) スターチスはリモニウムや浜花匙とも呼ばれ、ヨーロッパの地中海沿岸が原産。常緑多年草で、紅、ピンク、オレンジ、黄色、紫、青、白など、様々な色の花があります。花束にする時には、他の花との色のバランスを考えていろいろな組み合わせが出来るため、プロポーズに使いやすい花です。

朝顔
「愛情の絆」「約束」

朝顔 「愛情の絆」「約束」 朝顔の花言葉もプロポーズに使いたい花言葉です。しかし、「絆」や「約束」と言った素敵な意味の他に「はかない恋」という花言葉も持っていますので、ぜひ贈る際には「朝顔の花言葉は愛情の絆なんだよ」と伝えて下さい。「はかない恋」の意味しか知らない女性に贈ると勘違いされてしまいます。朝顔の花束は珍しいので、驚かれるかもしれません。

マーガレット
「真実の愛」

マーガレット 「真実の愛」 かわいらしい形をしたマーガレットは、カナリア諸島が原産地。白やピンク、オレンジや黄色などの花の色が可憐な印象をさらに強くします。古典的な花占い「好き、嫌い、好き・・・」に使われてきた花です。
マーガレットの名前の由来は、「真珠」(ギリシャ語でマルガーテス)。古代キリシャでは、女性の守護神であるアルテミスに捧げる花でした。

スズラン
「幸福が訪れる」「清らかな愛情」

スズラン 「幸福が訪れる」「清らかな愛情」 よくウェディングのイラストなどに使われるスズランは、プロポーズにも、もちろんおすすめの花です。他の花との相性も良いので、ぜひいくつかの花と組み合わせて素敵な花束を作って下さい。とてもかわいらしい花ですので、すずらんだけの花束も素敵です。

バラ
「愛」

バラ 「愛」」 バラの花は、色によって意味が変わって来ます。赤いバラは「愛情」「情熱」。ピンク色のバラは、「恋の誓い」「上品」。美しい可憐な白いバラは、「純潔」「私はあなたにふさわしい」。これらのバラを組み合わせてプロポーズに使うのもおすすめ。
薄いオレンジ色は「無邪気」「さわやか」、黄色いバラは「嫉妬」「不貞」「君の全てがかわいい」などの意味になります。

花言葉とは?

花言葉は、ギリシャ・ローマの神話や古くからある伝説、聖書などから生み出されました。世界各国に様々な花言葉があるため、1つの花にいくつもの花言葉があったり、中には矛盾したものもあります。
日本では西洋文化が渡って来た時に花言葉も伝わって来ました。ロマンチックな花言葉を、ぜひプロポーズに役立てて下さい。